梅雨時期や夏は乾燥、冬はあたためと年中大活躍のふとん乾燥機のおすすめを紹介します。 - 読んで納得!家電購入のアドバイス  人気家電おすすめ比較ブログ

テレビの購入を考えている人はこちら
ブルーレイレコーダーの購入を考えている人はこちら
冷蔵庫を購入を考えている人はこちら
洗濯機の購入を考えている人はこちら
掃除機の購入を考えている人はこちら
エアコンの購入を考えている人はこちら
炊飯器の購入を考えている人はこちら
※順次追加および更新予定です

梅雨時期や夏は乾燥、冬はあたためと年中大活躍のふとん乾燥機のおすすめを紹介します。


ふとん乾燥機とは、名前の通りふとんを乾燥させる商品になります。
梅雨の時期の湿気に対して、
また夏場のかいてしまった汗に対して温風をふとんに当てて乾かします。 

敷布団と掛け布団の間に専用のマットを敷き、
温風を当てるだけという簡単な仕組みの為平均単価も10,000円に届かない市場でした。

ダニに効果のあるとされる乾燥には、時間も1時間以上かかり、
また、ボタンを押したらスタートするような簡単なものではなく、
事前に敷きふとんと掛けふとんの間にセットする必要があり毎日使用するには億劫な商品でした。
なので、メーカーは使用頻度をあげる為、
苦し紛れにふとんあたためできる(温風が出るから当たり前?)ことを機能とアピールし、
実際、この機能を目当てに購入頂く年配の方も多くいらっしゃいます。


ただし、最近5年間で市場も大きく変わりました。
原因は下の3点が考えられます。

@世の中がふとん乾燥機が必要な生活スタイルに変わってきたこと。
Aふとん掃除機が発売され、ふとんに対する意識が高まったこと。
Bマットレスのモデルが発売されて、簡単に普段使いができるようになったこと。

まず、@ですが、人の生活環境がかなり変わってます。
安価でも高品質な羽毛布団が世の中に出回ったことや、
花粉や排気ガスで外に干せなくなったこと、また畳からフローリング、
ふとんからベットに寝室が変わり、ふとんを敷いたままにしてしまっているからです。

そして、Aのふとん掃除機は出てくるホコリやハウスダストを取る商品なのに対し、
ふとん乾燥機は、汚れを事前にケアする商品である為、
デリケートな人や、感度の高い人に注目されています。
さらに、空気だけでのケアになので高価なふとんを長持ちさせるためにも有効とされています。

そして最後に、新たな使い方として、
下にも上げてます象印からマットレスモデルが発売したことにより、
使い勝手が簡単になり、毎日の使用が格段に楽になったことがあげられます。



こちらの商品はふたを大きく広げてふとんに差し込むだけ。
余計な付属品を使うことなく簡単に使うことが出来る。
本体もあまり大きくないので使用後は布団のまわりに置いておいても邪魔にはならない。
この商品の発売により、口コミが大きく広がり、
一つの商品でシェア50%を取ったと聞いたこともあります。

今では他のメーカーからもマットレスモデルが発売されてますので、
まずはどちらが自分のライフスタイルにあっているかを考えたうえで
メーカーの違いを元に商品選びをしてください。
そして、さらに両方の乾燥方法に対応した機種もラインナップが出はじめています。
それでは3つのパターンにおいて、おすすめ機種を紹介していきます。


マットレスモデル


マットレスモデルのメリットとして、
マットのセッティングなしで簡単に設置できることがありますが、
さらに簡単に片づけができます。要するに毎日無理なく使用でき、
夏は乾燥、冬はあたためと年中使用できることがあります。
しかし逆にデメリットとしてマットなしではやはりふとんを浮かすことが出来ない為、
完全な乾燥を求められません。
また新しいカデゴリーとして出てきたばかりなのでマットありモデルと比べると価格が高くなります。
ベットでの使用では、本体を床に置くことができ不安定な状態になってしまいます。


こちらのおすすめ商品としては、日立のふとん乾燥機を上げさせていただきます。

次点で象印製品とパナソニック製品が売れ筋として挙げられますが、
象印はベットでの使用に不向きであり、
パナソニックの製品はノズルが小さすぎふとん内部に広範囲で行き届かないことから結果日立の製品となりました。






マットモデル


マットモデルはマットレスモデルとは別の短所長所があります。
毎日使いにはおっくうになり使用頻度が下がってしまう可能性がありますが、
完全なふとんケアを求める人はやはりこちらがおすすめです。
商品によってはふとんマットの他に、衣類乾燥カバーがあったり、
ふとん用マットがダブルサイズようだったりと使用の汎用性が高いのも魅力です。

こちらのおすすめ機種は三菱のADS80Lになります。
また、5月に新製品としてADS80Xが発売になりました。
こちらの商品は布団乾燥機としては、他社に差をつけて群を抜いて性能が高い商品です。
手軽に使用するということより本気でダニを退治することに重点を置いて商品になります。
高級羽毛布団を使用している方は長持ちさせるためにもぜひこちらを検討してみてください。
こちらは、通常のマットより簡単ならくだ寝マットレスの他、
Wサイズのふとんに対応している大きさのマットを付属していて、
さらに、衣類乾燥用カバーや、ブーツ用アタッチメントもついていてかなり使える商品になっています。
価格.comマガジンでも単独で商品紹介されていたのでぜひご確認ください。



もし在庫が残っているのなら価格も安くなっている旧型もおすすめです。


次点として安い商品を検討中の方はパナソニックの FD-F06A6 をおすすめします。
ナノイーイオン搭載のモデルと2種類発売されていますが、
ナノイー搭載モデルに関してはその価格ならこれから上げるシャープのモデルと
同じ価格になってしまうので、ここはあえて安い商品をおすすめします。



両方対応のモデル

こちらの商品は、アタッチメントを付けたり、
ふとん乾燥マットを付けたり状況によって使い分けができるモデルになります。
ただし、どちらかというとマットモデルに近く、
ノズルに関しては小さいおまけ程度のものになるので、
メイン使用はマットを、面倒な時にはノズルの使用と考えてください。

おすすめはシャープのDI-ED1S になります。
プラズマクラスター搭載で、消臭や除菌に対しては、
ほかのどの商品よりも効果を実感できると思います。





じめじめするこれからの梅雨時期に寝具の清潔を保つことが自分や家族のアレルギー対策になります。
布団を短期間でダメにしないためにもめんどくさがらずぜひ継続した使用をしてください。


温かくなってきたと思ったら、すぐに梅雨の季節となります。
ぐっすり眠れる環境づくりの一つとして、
通年使用として変わってきているふとん乾燥機をおすすめします。


2016-06-06 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

にほんブログ村 PC家電ブログへ
人気記事
    Copyright © 読んで納得!家電購入のアドバイス  人気家電おすすめ比較ブログ All Rights Reserved.
    当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
    Designed by カエテンクロスSEOテンプレート