電動アシスト自転車について調べてみました。 - 読んで納得!家電購入のアドバイス  人気家電おすすめ比較ブログ

テレビの購入を考えている人はこちら
ブルーレイレコーダーの購入を考えている人はこちら
冷蔵庫を購入を考えている人はこちら
洗濯機の購入を考えている人はこちら
掃除機の購入を考えている人はこちら
エアコンの購入を考えている人はこちら
炊飯器の購入を考えている人はこちら
※順次追加および更新予定です

電動アシスト自転車について調べてみました。


最近目にすることが多くなった電動自転車ですが

そもそも発売当初は年配の足腰の弱くなってしまった人への

行動手段として発売されていました。

それが今では購買層の中心は子育て世代に移り変わっています。


先日子供の幼稚園のお遊戯会に行った際は圧巻な光景でした。

当日は園庭が解放され駐輪スペースとなっていましたが

見渡す限り電動自転車で埋め尽くされていました。


地方へ行けば軽自動車が女性の移動手段になるかもしれませんが

都心へ向かうほど電動自転車の割合が増えていくことが考えられます。



では、そもそも電動自転車とはどういったものなのでしょうか?


まず、正式には電動自転車ではなく「電動アシスト付き自転車」になります。

何が違うのかというと、あくまで自分で漕いで進む乗り物であり

自動で進んだりしないということです。

これが重要で、取り扱いカテゴリーが自転車と同じになり、

免許もいらず保険も駐車場の申請も要らなくなります。


電動自転車の構造

自分でペダルを漕ぐと力をアシストしてくれて楽に進むことができますが

早く進めば進むほどアシストの力が弱まり、時速24Kmになると完全にアシストが

機能しなくなる仕組みになります。

もちろん、急いでどこかに行くことを想定しておらず

逆に子供を乗せたり重い荷物を載せたりして、スタートが重くなる際に

一番活躍してくれます。もちろ上り坂にも有効です。

現在は最大で自分の力の2倍のアシストまで設定できるため、

本当に漕ぐか漕がないかの力で進むことができます。


充電式のバッテリーについて


バッテリーの充電については、自分で自転車から抜き差しをし

自宅でコンセントに指して充電します。

このバッテリーの容量が少なくて3Ah、大きいもので16Ahくらいあり

バッテリーの容量が大きくなれば一度の充電で使える時間・距離が増えますが

その分バッテリーが重たくなり取り扱いが手軽ではなくなってしまうので

ここが製品選びの最大のポイントになります。


バッテリーの寿命に関しては大体700回〜1000回と言われ、

商品や乗る頻度にもよりますが1週間に一度の充電で10年以上は持つ計算となります。



購入を検討している人は自分の使用用途がはっきりしていますので

選ぶポイントしては、

まず、タイヤのインチ数、およびチャイルドシートが乗るかどうかを判断します。

例えば子供を乗せる場合、やはりタイヤは小さめで座席を低くした方が安定します。


そして、バッテリーの容量ですが、Ahの表記ではわかりずらいですが、1度の充電で走れる距離が

各社製品には記載されています。

通勤・通学で使うのならば、途中で止まってしまっては困りますのでより距離の長いものを、

買い物や近場しか使う予定の無い方は小さめでこまめに充電をした方がいいでしょう。



取り扱いメーカーにおいては、完全に3社の争いとなっています。

@最初に電動アシスト自転車の発売を始めたヤマハ発動機
 バイクからの技術運用です。

A自転車に精通しているブリジストン

B電機メーカーのパナソニック


各メーカーの製品で特長はそれぞれあるものの

最近の市場拡大につれ、それぞれのメーカーが用途によって

様々なラインナップを発売しています。



電動自転車ラインナップ
1, 子供を乗せる為の電動自転車

2, 日々の買い物など街乗りとして使用する電動自転車

3, 通勤、通学用として使用する電動自転車

4, 趣味としてサイクリングを楽しむ為の電動自転車


なお、インターネットでは安い電動アシスト自転車も販売されていますが

やはり電動の前に自転車としての故障はつきものです。

何かあったときに自分で直せませんので、

必ず対面で販売している自転車ショップでの購入をおすすめします。


2016-06-22 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

にほんブログ村 PC家電ブログへ
人気記事
    Copyright © 読んで納得!家電購入のアドバイス  人気家電おすすめ比較ブログ All Rights Reserved.
    当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
    Designed by カエテンクロスSEOテンプレート