コンプレッサー式除湿機は梅雨のシーズンに大活躍!洗濯物の部屋干しやお部屋のカビ対策におすすめです - 読んで納得!家電購入のアドバイス  人気家電おすすめ比較ブログ

テレビの購入を考えている人はこちら
ブルーレイレコーダーの購入を考えている人はこちら
冷蔵庫を購入を考えている人はこちら
洗濯機の購入を考えている人はこちら
掃除機の購入を考えている人はこちら
エアコンの購入を考えている人はこちら
炊飯器の購入を考えている人はこちら
※順次追加および更新予定です

コンプレッサー式除湿機は梅雨のシーズンに大活躍!洗濯物の部屋干しやお部屋のカビ対策におすすめです


梅雨の時期、じめじめした空間は毎年嫌になりますよね?
さらに雨が続くと洗濯物も外に干せず部屋干しに。
しかし、この時期は全然乾かないんですよね。そんな時に大活躍するのが除湿機です。
エアコン&扇風機という提案もありますが、使い方、使用する場所によっては専用の除湿機は欠かせません。
今一番売れている除湿機はコンプレッサー式除湿機で梅雨時期から夏場にかけて活躍する一台になります。

コンプレッサー式は、エアコンと同じで冷媒ガスの凝縮・蒸発で除湿する構造です。
熱交換機で液体になっている冷媒を気体へ蒸発させると、周囲の熱を奪う事で周りの温度を下げます。
この冷媒が蒸発する時に熱を奪う事で空気中に含まれている湿気を水蒸気から水へ変えて除湿します。

コンプレッサー式除湿機の弱点は、温度の低い時、湿度の少ない所ではあまり活躍しないということにあります。
構造上本体内部で温度変化により水分を吸着させますので、元々の温度が低いと温度差が生まれにくく効果が薄く、
同様に水分が少ない湿度の低い部屋では除湿の力が弱まります。なのであくまで湿度の高い梅雨や夏場向きであり、
一年中低い湿度を保ちたいという需要には対応できません。また、冷媒ガスは劣化するものであり、
一年とは言いませんが5年ほど使用すれば除湿能力が弱まってしまう可能性があるとも言われています。

デシカント式との違いをまとめると、

1、梅雨時期、夏場向けで、冬場はあまり使用に適さない高い。
2、小さなものから大きなものまでラインナップが多い
3、電気代は比較すると安い
となります。

ただ、湿度が低い時には能力が下がりますが、冬場の乾燥する季節でも洗面所を締め切り使うと充分使うことができます。
ガス式の浴室乾燥機がついている住宅も増えてきていますが一回の使用でガス代が100円程度かかってしまいます。
それなら、洗面所を閉めきって除湿機を使用すれば電気代は1/3以下になりますのでおすすめです。

それでは使い方別に商品の紹介をさせていただきます。

空間除湿の為に使用するおすすめ商品

シンプルに空間の湿度を取りたいという方にはこの商品がおすすめです。


除湿能力は木造7畳鉄筋11畳になります。衣類除湿もできないことはないですが
パナソニックやシャープに比べると、ルーバーがなかったり、イオンを放出しなかったりしますので
空間特化型だから価格が安いと理解いただいて問題ないかと思います。
毎年価格が売れ筋商品の中で一番安くなる商品でなんでもいいという方は購入頂けますが
しっかり使っていただくことを考えるともう一ランク上の商品をおすすめしたい気持ちもあります。

空間除湿と衣類乾燥をしっかりと対応できる基準の商品


コンプレッサー式のオーソドックスなモデルとして毎年売り上げベスト3には入ってくる
シャープの除湿機を紹介します。


こちらの商品は木造8畳鉄筋16畳対応のモデルでタンク容量は2.5L、一日最大6.3Lの能力になります。


もうひとつ大きいモデルとしてこちらは木造14畳鉄筋28畳対応、タンク容量3.1L、一日最大11Lの能力になります。

空間の除湿に加え、プラズマクラスターがカビの発生抑制してくれるので衣類乾燥の際に
水の腐ったような臭いの抑制につながります。大きさもA4の紙と同じ大きさになっていて
省スペースの場所にもおけるコンパクトな作りも人気が出ている原因とされています。


大きい部屋用の除湿機


大きい能力を持った商品になりますと、もちろん衣類乾燥に関してもパワーがありますので
乾燥スピードが速く活躍することができますが、
それ以上にエアコンの除湿で賄うことができないリビングのような広い空間での使用を想定しています。

おすすめ商品としては


こちらは三菱製で木造19畳鉄筋38畳対応、タンク容量4.7L、一日最大15.5Lの能力になります。


こちらはコロナで木造20畳鉄筋40畳対応、タンク容量4.5L、一日最大16Lの能力になります。

大きなものになると除湿能力が高くなりタンクがすぐにいっぱいになってしまうことから
コンプレッサー式では連続排水ができるようになっています。
タンク内部にある水の排出口にホースをつなぐことにより、タンク容量を気にすることなく除湿を続けることができます。
こちらは外出する際にペットを留守番させなければならない時や一日中使用し続けなけれあならない空間の時に使用します。
どうしてもタンク容量が満杯になると運転が止まってしまうの、便利な機能になります。


なお、コンプレッサー式がデシカント式に除湿能力で下回る基準は
15°と言われています。外気温が低くなっても室内は多少高くなりますので
春〜秋まではコンプレッサー式、冬はデシカント式と認識してください。

2016-06-06 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

にほんブログ村 PC家電ブログへ
人気記事
    Copyright © 読んで納得!家電購入のアドバイス  人気家電おすすめ比較ブログ All Rights Reserved.
    当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
    Designed by カエテンクロスSEOテンプレート