デシカント式除湿機とは?夏場のじめじめ予防よりは、1年中の衣類乾燥に向いている商品になります。 - 読んで納得!家電購入のアドバイス  人気家電おすすめ比較ブログ

テレビの購入を考えている人はこちら
ブルーレイレコーダーの購入を考えている人はこちら
冷蔵庫を購入を考えている人はこちら
洗濯機の購入を考えている人はこちら
掃除機の購入を考えている人はこちら
エアコンの購入を考えている人はこちら
炊飯器の購入を考えている人はこちら
※順次追加および更新予定です

デシカント式除湿機とは?夏場のじめじめ予防よりは、1年中の衣類乾燥に向いている商品になります。


デシカント(ゼオライト)式除湿機はコンプレッサー式と比べると
一年中の使用を考える人向けの商品です。

除湿機は梅雨時期の需要に特化していましたが、
最近は新しい住宅の機密性が良くなったこともあり
冬場でも湿気に悩んでいる人も増え、徐々に売上を伸ばしているカテゴリーになります。

デシカント式除湿機はコンプレッサー式と違いコンプレッサーがないので、
音が比較的静かですが代わりに本体内にヒーターが内蔵されており消費電力が高くなります。

デシカント式の構造は、ゼオライトという湿気を吸着する材質を除湿機内にあり、
湿気を含んだ空気をゼオライトに当てることで、湿気を吸着させて湿度を下げます。
ゼオライトに吸着させた水分を取り除く必要があり、
そのためにヒーターで温風を作りゼオライトを乾燥させなければなりません。
これを延々繰り返して室内の湿度を下げるという構造です。

デシカント式は年中安定した除湿能力を発揮するので冬の湿度を下げたい方にはおすすめです。
コンプレッサー式と比較して、ゼオライトを利用しているので音が比較的静かです。
音が静かですので寝室などでの利用を考えている方はご検討下さい。
しかし、温風が出て乾燥した空気が室内へ戻る際などに
室温を上げてしまう事が考えられますので冬すので夏場の寝室には不向きです。
大きさに関してはコンプレッサーが無い為、軽量でコンパクトなタイプが多いです。
最大のデメリットとしてヒーターが設置されているため消費電力が高くなってしまいます。
なので長時間使用する場合には注意が必要です。
冬場に室内が暑くなる事は決してデメリットだけではありませんが、
夏に使用する場合には注意が必要です。

電気代が高く、温度が上がるため、対応畳数の大きなモデルは存在しません。
このカテゴリーですが、
現在パナソニックの独壇場となっていますがおすすめ商品を紹介させていただきます。


パナソニックでおすすめする2機種


2つのモデルの違いは、
衣類乾燥時に効果を発揮するナノイーイオンを搭載しているかどうかということになります。
かびの発生を抑制し、
外に干した時のように水の腐った臭いが出ないように清潔に乾かすことができます。
また、ナノイー搭載のため、
クローゼットに向けて除湿をして衣類を湿度から守ってくれるクローゼットモードが
上位モデルには搭載されています。

対応畳数木造7畳鉄筋14畳、タンク容量2L,一日最大5.4Lになりますが、
もともとデシカント式は冬場の除湿を想定しているため、タンク量量2Lの水分を取ってしまえば
ひとまずそれから一日程度は湿度に悩まされることのないことから
タンク容量は小さめになっています。

まず通常のデシカント式のモデルになります。



そして、ナノイー搭載のデシカント式モデルはこちらになります。


一年中物置部屋やクローゼットにおいての使用を考えている方に

少し小さめになりますが、アイリスオーヤマから小型のデシカント式除湿機が発売されています。
対応畳数木造で3畳、鉄筋で5畳の小さなモデルになりますので
本当に小さな部屋用となりますが、価格も1万円を切って販売されていますので
人のいない空間に対して対策を打つにはお手頃な価格なのでおすすめします。


以上3機種でデシカント式除湿機のおすすめ機種紹介を終わりにしたいと思います。

2016-06-06 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

にほんブログ村 PC家電ブログへ
人気記事
    Copyright © 読んで納得!家電購入のアドバイス  人気家電おすすめ比較ブログ All Rights Reserved.
    当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
    Designed by カエテンクロスSEOテンプレート