ふとん掃除機とふとん掃除機を使った、上手な布団の仕舞い方を紹介します。 - 読んで納得!家電購入のアドバイス  人気家電おすすめ比較ブログ

テレビの購入を考えている人はこちら
ブルーレイレコーダーの購入を考えている人はこちら
冷蔵庫を購入を考えている人はこちら
洗濯機の購入を考えている人はこちら
掃除機の購入を考えている人はこちら
エアコンの購入を考えている人はこちら
炊飯器の購入を考えている人はこちら
※順次追加および更新予定です

ふとん掃除機とふとん掃除機を使った、上手な布団の仕舞い方を紹介します。

6月になり、気温も上がってきました。
我が家でも羽毛布団を片付けることとなりました。

みなさんはどのようにして羽毛布団の取り扱いをされているでしょうか?
羽毛布団が長持ちするように、また次使うときに快適に使用できるように
しっかりと取り扱い方を理解しておいたほうがいいと思います。

布団をしまう上でやらなければならないことが3つあります。

@布団を乾燥させる。

湿気の多い北側の部屋を寝室として使っている人はもちろんですが、

意外と羽毛布団は湿気を吸収しています。

収納袋に入れクローゼットに閉じ込めてしまう前に必ず乾燥させましょう。


乾燥の方法として、もっとも効果があるのはやはり天日干しです。

太陽の光には殺菌作用もありますので衛生的です。

天気がよく風通しがいい日出れば1時間も干せば十分です。


またダニ退治に対して有効な手段は、ふとん乾燥機になります。

ダニは熱に弱く布団乾燥機を使うことによりダニを死滅させることができます。

ただし羽毛布団に関してはとてもデリケートで高温になりすぎると

羽毛の繊維を痛めてしまうことになります。

使用の際には熱くなりすぎない温度での使用を必ずしてください。


A布団の中のほこりをとる。

布団を干した後、布団たたきでたたくことは有効ですが、

たたきすぎはよくありません。

たたきすぎると、布団表面の生地を傷め、寿命を縮める原因となります。

軽くたたく程度でほこりやダニの死骸・糞は表面に浮いてきますので、

布団を干した後、最後にふとん掃除機で吸い取ることでしっかりとごみを鳥取り除くことができます。
   

B布団を収納する。

羽毛布団を収納する際は1できたら羽毛布団専用の収納ケースに入れてください。

羽毛布団を購入した時に入っている袋で構いません。

収納スペースの有効活用の為に、圧縮袋を使っている方が多いかと思いますが

おすすめはできません。半年近く強制的に圧縮されることで、羽毛の繊維が傷んでしまいます。

半年後の使用に関してはある程度元のふくらみを取り戻すことができますが、

長いスパンを考えるとやはり寿命を知事目てしまうことにつながってしまいます。

また、しっかり乾燥したとしても残っている水分により、カビや雑菌の繁殖の原因となり

結果的に嫌なにおいの原因にもなりかねません。



最後に湿気の少ない場所に、防虫剤を入れてしまえば完璧です。
次のシーズンでも快適に過ごせるようにするためにも今、しっかりと対策を打ちましょう。
梅雨の時期が来る前に!

2016-06-06 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

にほんブログ村 PC家電ブログへ
人気記事
    Copyright © 読んで納得!家電購入のアドバイス  人気家電おすすめ比較ブログ All Rights Reserved.
    当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
    Designed by カエテンクロスSEOテンプレート