コーヒーが好きな人へ、家でもおいしいコーヒーを飲みませんか? - 読んで納得!家電購入のアドバイス  人気家電おすすめ比較ブログ

テレビの購入を考えている人はこちら
ブルーレイレコーダーの購入を考えている人はこちら
冷蔵庫を購入を考えている人はこちら
洗濯機の購入を考えている人はこちら
掃除機の購入を考えている人はこちら
エアコンの購入を考えている人はこちら
炊飯器の購入を考えている人はこちら
※順次追加および更新予定です

コーヒーが好きな人へ、家でもおいしいコーヒーを飲みませんか?

コーヒーメーカーが去年当たりからブームになってるの知ってましたか?

スイーツ男子などの名前も流行りましたが、今はコンビニスイーツが大人気、

買って帰って家で食べる人が増え、ウチカフェというな名前も生まれています。


昔みたいに食後にゆっくりとコミュケーションを取りながらコーヒーを飲むだけではなく、

こだわっておいしいコーヒーを煎れる人が増えているのです。

ある程度大きな家電量販店に行くと、毎週末にコーヒーメーカーを販売するために

専門のバリスタが実演販売をしに来ています。

コーヒーメーカーは高くても20000円くらいの商品です。

一緒にコーヒー豆が売れたとしてもたかが知れているので

やはりそれなりの台数が販売され儲かっているのでしょう。


簡単にコーヒーメーカーと言っても、3つの種類があります。

自分がどこまでこだわるか、またどこまでコーヒーを追求するかによって、

購入する商品が変わってきますので、今回は楽しみながら商品選定をしてみて下さい。

そこまでの高くない商品になりますので、コーヒーが好きでスターバックスなどで購入して

飲んでいる人は、せっかくならもっとおいしさにこだわってみてはいかがでしょうか?


カプセルタイプ

もっとも取り扱いが簡単なコーヒーメーカーになります。

カプセルをセットしてスイッチ一つで出来上がり。

ネスレやネスカフェなどのコーヒー製造会社が独自のカプセルを作っていますので

カプセル代はかかりますが、メーカーがこだわったフレーバーを

豊富に用意していたりもしますので気軽にいろいれな味を楽しめます。

ドルチェグストはもっとも有名なカプセル式のコーヒーメーカーになります。

ネスレから発売され、レギュラーコーヒーからカプチーノ、ココア、宇治抹茶ラテまで、

まるでカフェのプロが淹れるようなおいしさがいつでも誰でも簡単に実現できます。

こんな感じでまとめ買いもできますので、手軽に楽しみたい方に向いています。


あまりランニングコストをかけたくない人には、こちらがおすすめです。

レギュラーコーヒーのゴールドブレンドが使えますので

1杯あたり20円以下で作れますので最もコスパの高い商品になります。


最後に、手間はかけたくないけど、味にはこだわりたいという人にはこれ!

カプセルの価格は高くなりますが、

コーヒー好きにもおいしいと言わせる高品質なコーヒーを飲めます。

以前に、比較実演していましたが、確かに他の商品と比べても味の違いが判りましたよ。


ドリップタイプ

こちらは昔からあるタイプになり

コーヒーメーカーと言えばこのスタイルがまず頭に浮かんでくると思います。

ドリップタイプは、フィルターが都度必要なタイプと、フィルターレスのタイプがありますが

やはりフィルターを使った方が味わい深いと言われています。

しかし、ドリップタイプは基本的にコーヒー豆で味が決めてしまう為、

家電製品としては、それ以外のところで各社個性が出るラインナップを揃えています。

それでは特長を持った3つの商品を紹介していきます。


まずはサーモスという魔法瓶メーカーから発売されているコーヒーメーカーになります。

この商品は保温に優れたポットを採用しているため、

朝入れたコーヒーを昼に飲んでも暖かい状態で飲むことができます。

コーヒーは好きだけど一度にあまり飲まない人や、朝飲んで午前中に家事を終わらせてから

ゆっくりしたい時にまた飲めるので、主婦の人におすすめな一台になります。


次に紹介したいのがカリタというメーカーから発売されている1人用のコーヒーメーカーです。

一杯しか抽出できないドリップ式で、できたコーヒーを受け止めるサーバーが

マグになっていて、そのまま飲むことができる商品になります。

1人で使用する場合は、洗い物も減りますので、簡単で便利な商品になります。


最後に、象印から発売されている浄水機能付きのコーヒーメーカーです。

浄水機能付きと言っても、安価なコーヒーメーカーにフィルターが搭載されているモデルです。

しかしせっかくならきれいな水でコーヒーを入れた方が誰もがいいと思っていますので

ミネラルウォーターを使っている人が大半になるかと思います。

コスパを考えると浄水機能搭載は便利だと思います。


全自動タイプ

コーヒー豆を引くところから本体で自動でやってくれる、超こだわり派の為の一台になります。

やはり惹き立てのコーヒー豆は香りが違います。

なので引き立てのコーヒーは究極のこだわりだと思います。

まずは全自動タイプの元祖 パナソニックの商品を紹介します。

こちらは今ある製品の中の最高級モデルと言っていいでしょう。

粗挽きや中細挽きなど4種類のコーヒーが入れられ、沸騰浄水機能がついているので

すべてにおいてこだわれる商品になります。

最大5杯同時に淹れることができますので、家に来たお客様をもてなすのにもいいですね。


ここまで予算がない人へは、こちら。

金額はもちろん、本体サイズもスタイリッシュでコンパクトに抑えられてる商品です。

ちょっと音がうるさいと言われていますが、インテリア性も兼ね備えていますので

キッチンに隠すことなく、リビングにディスプレイしてもおしゃれかもしれません。



家電製品としての紹介は以上となります。

さらにさらにこだわる人は、焙煎する機械、豆を挽く機械、引く機械

そして専用のドリッパーやサーバー、ケトルをそろえる必要があります。

そこまで本格的とはいきませんが、

人の趣味や嗜好に合わせて対応していけるのは家電の進化の究極と言えますね。

2016-07-01 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。


にほんブログ村 PC家電ブログへ
人気記事
    Copyright © 読んで納得!家電購入のアドバイス  人気家電おすすめ比較ブログ All Rights Reserved.
    当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
    Designed by カエテンクロスSEOテンプレート