電気ポットと電気ケトル、どっちがおすすめ?電気代は?衛生面は? - 読んで納得!家電購入のアドバイス  人気家電おすすめ比較ブログ

テレビの購入を考えている人はこちら
ブルーレイレコーダーの購入を考えている人はこちら
冷蔵庫を購入を考えている人はこちら
洗濯機の購入を考えている人はこちら
掃除機の購入を考えている人はこちら
エアコンの購入を考えている人はこちら
炊飯器の購入を考えている人はこちら
※順次追加および更新予定です

電気ポットと電気ケトル、どっちがおすすめ?電気代は?衛生面は?

電気ジャーポットVS電気ケトル、実は永遠のライバルです。

もっといえば、従来電気ポットしかなかった市場に、新しく電気ケトルが参入してきて、

電気代がかかるという電気ポットの悪評をうまく使い、

一気にシェアを逆転していった電気ケトルといった図式になっています。


そもそもお湯を温めるだけの商品というお互いシンプルな作りの中、

保温能力を持ったポットと瞬間湯沸かしの機能に特化した特長を持ったケトルになります。


電気ポットの特長

電気ポットのメリットとは、お湯を沸かしておいて、そのままの状態で保温でき、

好きな時に使えることが挙げられます。

また温度を設定でき、その温度帯をキープすることも可能です。

しかし、保温できることがケトルに比べデメリットになってしまう事もあります。

もちろん、電気ポットは魔法瓶機能を備えている機種が多く、

一度温めたお湯は、なかなか冷めることはありません。

しかし、24時間保温状態にしていても結局お湯を使うことがなければ、

保温に費やした電気代はまったくの無駄になってしまいます。


電気ケトルの特長

電気ケトルは、1度ずつお湯を沸かすことに対して有利で、

電気ポットよりも早く沸騰まで温度を上げることができるのが最大のメリットです。

また保温機能がないため、金額は電気ポットに比べ、安い機種が多くあります。


しかし、1リットル以下の商品が多く、大きくても1,8リットル程度になりますので、

一度に複数人数で使用するケースがある場合は不向きです。

例えば会社の休憩室など、時間差で複数の人が繰り返し使用する場所では使い勝手は悪くなります。


また電気ポットが据え置き式で、上から注がれるのに対し、

電気ケトルは直接本体を持ち上げるため、

高温のお湯を持ち上げる際にやけどなどの恐れが出てきます。

なので、小さい子供や年配の力が弱い人には危険を伴ってしまいます。


根本的な考え方の違い

さらに、買い替えに関しては大きな考え方の違いがあることを理解してください。


電気ポットの場合、ポットの中まで手が入りますので、

お手入れが簡単にでき、長年使用することができます。


逆に電気ケトルは、本体価格は安いものの、本体内部をこすり洗いすることができない機種が多く、

内部が汚れて来たら、買い替えを必要とします。

もちろんクエン酸洗浄なども有効な手段ではありますが、

個人的にはスポンジなどによるこすり洗いができないのは大きな差だと考えます。


今の店頭での販売状況

その中で今の量販店の現状を紹介しますと、圧倒的に電気ケトルが売れています。

1人や2人での使用なら、都度沸かす電気ケトルで十分なのは当たり前の考えではあります。

そのでもT−FALの商品は、ランナップもカラーも充実し圧倒的人気となっています。

今年の一人暮らし商戦でも多くのT−FALの商品を販売してきました。


ラインナップも多くあり、すべて紹介はできませんが、

どれも価格の手頃な商品も多いのでぜひチェックしてみてください。


電気ポットの方向性

先ほども紹介しましたが、若い世代など新規の購入では、

電気ケトルで十分だと言えてしまいますが、

電気ポットのメーカーも黙ってはいません。

より安全により便利に使えるように、蒸気レスにしたり、コードレスにしたり、

空焚き防止機能を入れたりしています。



そんな上位モデルでも13,000円程度で買えてしまうので、

オール電化の住宅や、お茶やコーヒーを頻繁に飲む人には普通におすすめしたいのですが、

その中で、ケトルにもみまもりサービスと連携した商品が注目を集めています。


年配者にターゲットを絞った商品になりますが、

象印より、みまもりホットラインというサービスと連携した商品が発売されています。

無線通信機が内蔵されているポットで、使用した時間や回数を遠隔で確認できるサービスになります。


おじいちゃんやおばあちゃんと離れたところで暮らしていて心配な人向けのサービスになりますが、

ポットを使用する都度計測され、毎日の生活を確認することで、元気を確認できる商品です。

もちろん防犯や安全性に配慮は必要ですが、

親はあまり干渉されたくないけど、子供は心配している人などには、有効な手段になるのではと

思っています。


すぐに普及というわけにはもちろん行きませんが、

これからのネットワーク社会のひとつの手段として、電気ポットの生きる道になればと考えています。

2016-07-19 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。


にほんブログ村 PC家電ブログへ
人気記事
    Copyright © 読んで納得!家電購入のアドバイス  人気家電おすすめ比較ブログ All Rights Reserved.
    当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
    Designed by カエテンクロスSEOテンプレート