ブルーレイを購入する時に知っておくべきポイント集 - 読んで納得!家電購入のアドバイス  人気家電おすすめ比較ブログ

テレビの購入を考えている人はこちら
ブルーレイレコーダーの購入を考えている人はこちら
冷蔵庫を購入を考えている人はこちら
洗濯機の購入を考えている人はこちら
掃除機の購入を考えている人はこちら
エアコンの購入を考えている人はこちら
炊飯器の購入を考えている人はこちら
※順次追加および更新予定です

ブルーレイを購入する時に知っておくべきポイント集

ブルーレイ 買い替え  選び方


ブルーレイを購入するにあたって、知っておいてほしい点やおすすめポイントをいろいろ紹介していきます。

家電の裏知識から細かいポイントまでせっかく購入する家電製品を後悔のないものにして下さい。


msohtmlclipclip_image0027_thumb2_thumb.png

後悔しないためのブルーレイ選びのための3つの項目

ブルーレイレコーダーの購入を検討するための予備知識

目次
・ブルーレイレコーダーの現状

今後の進化の予測

・メディアの進化と価格の下落

・ウルトラブルーレイとは??

・ モデルチェンジのタイミング

外付けHDDとは?おすすめ?やっぱりブルーレイレコーダーがいい?

・録画容量の考え方

・ブルーレイレコーダーの寿命について

・ テレビとブルーレイレコーダーのメーカーを合わせるメリットについて

ブルーレイレコーダーの市場は実はどんどん縮小してきています。理由はたくさんありますが、外付けHDDの定着とインターネットテレビおよび定額制番組の普及が大きくあるのではと思います。よって、現状新規の需要よりも買い替え需要が大きくなってきており、結果ワブルチューナー以上の機種の割合は増えてきていますが逆にお客様単価は下がってきてしまっています。

さらに取扱メーカーがパナソニック以外は現在元気のない3社ということも懸念材料に挙げられます。今後どうなっていくかはわかりませんが、壊れてしまったら様子見というわけにはいかないので、ひとまず商品購入を検討する上で少しでも情報を入れておいてください。


各社メーカー別の特徴について

目次
・パナソニック

ソニー 

・シャープ 

・東芝

国内は主に4社でブルーレイレコーダーは展開されていますが、現在はその中でもパナソニックが群を抜いてシェアを取っています。もちろんテレビとメーカーを合わせての購入をお勧めしますが、最新のブルーレイとテレビのリンクする機能は、やはり最新のテレビとブルーレイ同士でなければならず、メーカーとセットでお勧めできないのが実情になります。

それでも各社特徴的な機能がそれぞれありますので、自分に合った商品選びをしてみてください。

チューナー数別商品紹介

目次

今まではダブル録画ができるモデルとそうでないモデルの判断でしたが、最近の製品は自動録画の機能が充実してきて、全録モデルまで多くの製品が発売されています。

自分で録画する番組を選ぶのではなく、すでに録画された番組の中から自分の視聴したい番組をあとから選ぶというスタイルに変わってきていて、その使用方法を使いこなすことができれば、よりテレビの放送時間に縛られない生活を送ることができるどころか、番組を見逃すことがなくなります。

もちろんそれにより金額も上がってきますので、自分のニーズに合わせて商品を選んでいくのが一番です。

2016-08-23 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。


にほんブログ村 PC家電ブログへ
人気記事
    Copyright © 読んで納得!家電購入のアドバイス  人気家電おすすめ比較ブログ All Rights Reserved.
    当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
    Designed by カエテンクロスSEOテンプレート