今使っているテレビサイズから買い替えのベストサイズを考えてみる - 読んで納得!家電購入のアドバイス  人気家電おすすめ比較ブログ

テレビの購入を考えている人はこちら
ブルーレイレコーダーの購入を考えている人はこちら
冷蔵庫を購入を考えている人はこちら
洗濯機の購入を考えている人はこちら
掃除機の購入を考えている人はこちら
エアコンの購入を考えている人はこちら
炊飯器の購入を考えている人はこちら
※順次追加および更新予定です

今使っているテレビサイズから買い替えのベストサイズを考えてみる

テレビ 買い替え インチ

買い替えの際、何インチにしようか、悩んだことはありませんか?

買い替えの経験のない人は経験ないと思いますが、そうでなければ必ず起こることになります。なぜなら例えば今使っていたテレビが10年前の37型だったとすると今販売されている40型よりも本体サイズが大きく、また43インチを買ったとしても問題なく置き換えができてしまいます。もしこのような状況になった時に、今と同じ大きさのテレビ一回り大きなテレビどちらを買おうか迷うことは自然な流れですよね?

さらに、10年前に購入した37型の半分の価格くらいの価格で40型が変えてしまいますし、欲を言えば40型以上の4Kテレビでさえ以前の購入金額に比べれば安いものになるのかもしれません。

もちろん、安い機種を選択することも間違ってはいません。以前よりテレビを見なくなった。といったように需要を感じなくなりとりあえず買い替えを検討する人もいますので、すべての人がランクアップする必要はありません。

それでは具体的に買い替えを検討する時に考えなければならないことをまとめてみたいと思います。

今のテレビからの買い替えで検討する項目

今使っているテレビは、サイドスピーカータイプかアンダースピーカータイプか?

まず初めにこちらになります。

液晶テレビが普及し始め、32型テレビの価格が20万円を切ったころからテレビは普及モデルと上位モデルの2モデルにラインナップが分かれていき始めました。その中で、横にスピーカーを配置したサイドスピーカータイプが生まれました。

その後、地上デジタル放移行完了に伴うテレビ不況に陥り各社ラインナップを絞った5年ほど前まで、サイドスピーカーはいろいろなメーカーから発売されていましたので、かなりの台数販売されています。

スピーカーの音量に関しては●●Wで表される為、一概にサイドスピーカーの方がより迫力を感じることのできるスピーカーとは言えませんが、サイドスピーカーは左右のスピーカーの音が出てくる場所が画面の高さの中央よりにあるため、アンダースピーカーに比べ、画面の中央から音が聞こえてくるように感じるといった効果があります。

最近では大画面テレビだけになりますがs、各社差別化を図るために積極的にサイドスピーカータイプを発売してきています。よって今サイドスピーカーを使っている人は、アンダースピーカーを購入すると音で満足できなくなるかもしれません。

昔の液晶テレビと今の液晶テレビは何で横幅が小さくなったのか?

昔より今のテレビの方が省スペースになっているとは聞きますが、実際にどこが小さくなっているのでしょうか?

もちろん「インチ」とは、テレビの画面の対角(斜めの長さ)であり、1インチ=2.54cmで計算されていますので、同じテレビのインチ数であれば画面のサイズは全く同じなのは言うまでもありません。

実はここ5年間で一番大きく変わった場所は、フレームのサイズになります。壁掛けテレビにする以外は薄さや奥行はあまり需要がない中で、フレームを細くすることで、ユーザーが少しでも大きな画面サイズになればとの思惑もおそらくあり、どんどん細く狭くなってきています。奥行きに制限のあるテレビ台は少なく、また高さにおいても制限のないテレビ置き場が多数になると思います。結果横幅さえ置けてしまえば今使っているテレビよりも大きなものが平気で置けてしまうのです。

では、テレビのサイズに関してどのように決めればいいのか?

これを決めるうえで参考になる要素はたったの2つだけです。

一つ目は、購入金額です。

予算をあらかじめ決めていきましょう。

予算がない人もいないと思いますが、テレビは結局予算ありきです。高いほうがいいスペックを持っているのは間違いありません。その中で、自分が出せる金額の上限を決めておきましょう。

そして2つ目は、自分が気に入った候補の候補を3機種くらい選ぶことです。

今回はサイズ選びの項目なので、能力の比較はしませんが、お店で商品を見たり、インターネットで調べたり、販売員に聞いたりして、自分の気に入った商品を複数選んでみてください。

もちろん自分が選ぶ候補については、価格も目に入れながら選ぶわけですから、自分の見栄と興味を全面に押し出しながら選んでみてください。

 

そこまでできればあとは簡単です。

選んだ候補の中から、一番金額の高いものを買うことがおすすめです。

 

いきなり言われても商品も決めつけていないのにと思われるかもしれませんが、実はこれは誰にでもいえる共通のおすすめポイントになるんです。

まず金額を見ながら数点の候補を選ぶ際に、極端に予算からかけ離れている機種や大きすぎるサイズは選びませんよね?また安すぎる機種も選ばないと思います。

ということはこのどれを買っても、まー無難によしと思える機種が残っていると思います。そして、その中で一番高い機種を選ぶべきと断言できる理由として、テレビの進化の速さが上げられます。ここ10年の間に、テレビは機能もいろいろ進化をし、さらに価格も急激に下がり、いったいいつが買い時だったのか、明確に断言できる人はいないと思われます。

ということは、いつ買っても、最大限にいい商品に出会うことはできず、さらにどんなに安く買っても、5年後にはそれよりもいい機種がさらに安くなっている場合もあります。

それならばそのときに一番いいものを買うのが賢いと思いませんか?2つに絞った中で、上のランクの商品を選んで後悔するほうが、少しの金額をケチって後悔するよりも何倍もマシだとは思いませんか?

10年使おうと思っているテレビ、数万円違えど、1年間で数千円の違いです。それを365日毎日見続けると考えたら、安いもんではないでしょうか?

壊れてもいないのに、宝くじで100万円当たったとしても、次のテレビは買いませんよね?それなら、少しでも大きくいい機種を選ぶべきではないでしょうか?

2016-08-25 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。


にほんブログ村 PC家電ブログへ
人気記事
    Copyright © 読んで納得!家電購入のアドバイス  人気家電おすすめ比較ブログ All Rights Reserved.
    当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
    Designed by カエテンクロスSEOテンプレート