格安テレビメーカーって、実際のところどうなの? - 読んで納得!家電購入のアドバイス  人気家電おすすめ比較ブログ

テレビの購入を考えている人はこちら
ブルーレイレコーダーの購入を考えている人はこちら
冷蔵庫を購入を考えている人はこちら
洗濯機の購入を考えている人はこちら
掃除機の購入を考えている人はこちら
エアコンの購入を考えている人はこちら
炊飯器の購入を考えている人はこちら
※順次追加および更新予定です

格安テレビメーカーって、実際のところどうなの?

格安メーカーのテレビが32型以下を中心に販売されています。
もうどのカテゴリーでも安いメーカーを取り扱うことが当たり前になっている家電量販店ですが、その理由と購入はありか?を検討していたいと思います。

1、まずは、なぜこんなにも多くのメーカーが販売されているのか?

これを答えるのは実は簡単です。理由は今の世の中、お金さえあれば、海外の工場で自社ブランドの製品を作ってもらえるところがたくさんあるのです。
例えば、フレームや機能にはこだわらず、しかし、東芝の映像回路を使うことだけにはこだわったA社というテレビメーカーがあったとします。商品のセールスポイントは安いけど映りはあまり変わらないことになります。安いということは、プライスでユーザーに売り込みできるので、専門の販売員も説明員も営業セールスも必要としないので、価格を安くできるのです。

もし、故障したらどうするのか?

これに関しては、実は開き直っているところもあります。まず、買ってすぐに調子が悪くなったテレビに関しては、普通のメーカーが修理対応を考えるところ、商品交換することで割り切りをしています。

それでは1年以上たってから壊れた場合どうするのか?

それはそれで頻繁に発生してから考えます。基本的にユーザー側も有償での修理は考えていませんので、そんなもんだで済んでしまいます。逆に故障が多くなったメーカーは世の中から淘汰されていきます。しかし、どこかのメーカーがなくなっても次が出てくるので、あまり世の中の流れは変わりません。

2、本当に安いのか?

各家電量販店ともに、取り扱う商品は基本同じになりますので、どうしてもCMなどで宣伝をするときは他店よりも安いアピールが必要となります。
その時に、隣の店が置いてない安い商品があることは大きな強みになります。その商品を販売するかは別問題ですが、やはり安い商品に集客力はありますよね?

なので本当に安いのかは、たいていの場合、他店に置いてないので比較のしようがありません。実際の比較は大手メーカーと比べてどれだけ差があるのかを考えた方がいいでしょう。

3、最後に、結論買うべきかやめるべきかになります。

私の考えではテレビは無しです。というのも、テレビやエアコン、冷蔵庫、洗濯機などの壊れたら困るものについてはやはり信用と信頼が大事になると思うからです。3年使って壊れたから買え変えようとはならないですよね?
しかし、今流行の兆しを見せている安い家電製品だけども、デザイン性に優れている商品は少なくありません。
扇風機、加湿器、掃除機、調理家電など、性能と同じくらい、個人が見た目のデザインの好みで選べる商品になるとではと思っています。


結局は最終的には自己責任ということに結論ついてしまいます。もし、迷った時には、その場の価格差ではなく、その家電を何年くらい使えればと考えているのか?毎日使う家電なのかを考えて判断してもらえたらと思います。

2016-08-26 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。


にほんブログ村 PC家電ブログへ
人気記事
    Copyright © 読んで納得!家電購入のアドバイス  人気家電おすすめ比較ブログ All Rights Reserved.
    当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
    Designed by カエテンクロスSEOテンプレート